2002年5月刊  写真集『黒部――志水哲也写真集』 [2刷]

山と渓谷社
3,780円 (税込)
フルカラー88頁
菊倍版
(308×220mm)

【購入方法】
[amazon]
[bk1]
[楽天ブックス]
[直接購入]


【内容紹介】
「僕の前には「陶酔」という名の香りと「夢」という名のきらめきが交錯した瀑水が勢いよく落ちていた。人は一生に何度か、命よりも大事な何かに支配されることがあるのではないだろうか。この3年間で撮りためた1万ショットを、これを機に発表し始める。大地のエネルギーが轟音となって伝えられればと思う。」(『山と渓谷』02年4月号グラフエッセイより)

 「志水哲也は膨大な時間をかけ、黒部の青く澄んだ水に全身を浸し、冷たい水をたっぷりと飲んでいる。みずみずしい若い才能を充分に活かし、目と心を渓流に近づけるという方法で、今までにない黒部渓谷の写真集ができあがった。」 (水越武氏 寄稿文より)

 「この写真集で志水哲也は私たちの前に、芸術としての渓の写真という、未知の領域を切り拓いてみせた。そして、それはそのまま渓を愛する多くの遡行者たちへのメッセージであり、限りない可能性へのいざないなのである。」(高桑信一氏 寄稿文より )
 
詳細はこちら[山と渓谷社]

[戻る]